アクセス解析 KeMONOM: Equine(ウマ科)
KeMONOM
かずとら式・獣絵と私の作品(TF含む)とTF(動物変身)系作品紹介ブログです。 :【TF】=transform(変身)人間⇔動物 またはそれ以外の変身の要素すべてを含みます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
またもモジャ公 第34話 『まほう使いになりたい』より
2006年03月04日 (土) 23:46 | 編集
 あまり、気になさらないで下さい、言いたいことは痛いほど分かります(汗)ものぐさな私をお許し下さい。
 またもモジャ公 第34話 『まほう使いになりたい』より、馬変身の話です。話の概要はこうです、結局魔女の星に遊びに行ってしまったモジャミ達は、弟のモジャルが男であることがばれて、豚にされてしまいました。そこで魔女は『助けに来い』と挑発してきます。その挑戦を受けてミキは魔女の城に向かうのですが、魔女の城壁のドラゴン石が本物に
変身、火を噴いて襲ってきます。
 そこで、この魔女ミキが取った行動は、モジャミをペガサスに強制変身させ、その場をしのいだのでした。城についた先で見た物は、化け物に変えられた言葉を失った男の子達の姿でした。そこで、化け物になったソラ夫達と戦う事になったミキ達は結局、魔法のステッキを捨て、『私はどうなってもいいから』と言いました。その時ずっとミキが大切にしていた『魔女のキーホルダー』を目にした魔女は、男の子も一緒でも良いと改心し魔法を解いて元の姿に戻すのでした。こういう話です。
動物化・獣化させるのに、なんでもイメージって大事ですよね。このキャラから馬って言うのは、以外でした、けれど、プロの技ですね。名残が残ってるところに違和感があまり無くて良かったと思います、個人的に。またもモジャ公 第34話 『まほう使いになりたい』より

まんが日本昔話 『旅人馬』
2006年01月20日 (金) 15:47 | 編集
まんが日本昔話 『旅人馬』

まんが日本昔話より、『旅人馬』というお話の紹介です。お金持ちの庄屋の子供と、村人の子供がある日、二人で宿屋に泊まります。そこでどうも寝付けない村人の子供は隣の部屋からこぼれる明かりが気になってこっそりのぞいてしまいます。そこでは、夜中、宿屋の女主人が妖力で作った米で団子を作りそれを食べさせて宿に泊まった客を馬の姿に変えて町に売りに出していたのでした。村人の子供は庄屋の子供を起こして逃げようとするのですが、疲れ果て寝込んでしまいます。次の日村人の子供が起きてみると、そこに庄屋の息子はいなく、妖怪団子を口にせんとするところでした。しかし止めるのも聞かず、それを食べた庄屋の子供はみるみるうちに馬の姿に変身していきます。農民の子供は急いで逃げました<続く>
≫ "まんが日本昔話 『旅人馬』" の続きを読む...
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。