アクセス解析 KeMONOM: まさにダークホース
KeMONOM
かずとら式・獣絵と私の作品(TF含む)とTF(動物変身)系作品紹介ブログです。 :【TF】=transform(変身)人間⇔動物 またはそれ以外の変身の要素すべてを含みます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まさにダークホース
2006年03月27日 (月) 21:57 | 編集
坊や~、よい子だの替え歌で有名な(?)まんが日本昔話より
『乞食のくれた手ぬぐい』より、馬変身です。
この作品群は、なんと言いましても、題名と作品の内容との調律が絶妙で想像のつかないところと独特な絵柄、大好きです。ちなみにこの前放送のうぐいす長者は旧版ではTF使用でしたのでまた、紹介しますね。
では本題に、昔、宿に美人だが心の貧しい女将さんと、美人ではないけれど心の綺麗な女中がおったそうな。ある日、女中が水まきをしているとき乞食が一杯水をくれないかと寄ってきました。しかし女将さんは水をまき塩をまき乞食をやっかい払いします。しかし女中は乞食に、こっそり水とおにぎりを持たせると、今度は乞食がお礼に持っていた汚い手ぬぐいをくれました。こうして、せっせと働く女中は寝ているときに観音様に合う夢を見ます。顔にコンプレックスを抱いている女中は、井戸に映る自分の顔を見て泣いてしまいます。そして思わず乞食からもらった汚れた手ぬぐいで顔をゴシゴシ、すると顔がみるみる美人顔に。これを女将さんが見逃すわけが無く、手ぬぐいを入手した理由を聞き出し沢山の乞食を集め手ぬぐい目当てに宴会を催すことに。宴会が終わったあと女将さんは残った汚れた手ぬぐいで顔を拭き始めます。しかし顔は汚れるばかり、最後に残った手ぬぐいで顔を拭くと顔も体も馬になってしまい、女将さんはどこかに行ってしまったそうな。

まんが日本昔話『乞食のくれた手ぬぐい』

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。