アクセス解析 KeMONOM: モジャ公 第34話 『まほう使いになりたい』より
KeMONOM
かずとら式・獣絵と私の作品(TF含む)とTF(動物変身)系作品紹介ブログです。 :【TF】=transform(変身)人間⇔動物 またはそれ以外の変身の要素すべてを含みます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モジャ公 第34話 『まほう使いになりたい』より
2006年02月26日 (日) 22:19 | 編集
不二子F不二夫先生の作品から モジャ公 第34話 『まほう使いになりたい』より"ちょいねた"になりますが、ブタ化です。スモークTFで処理したのがシーン上の事情で残念ですが、その処理とセリフまわしは何とも絶妙です。
話の展開はこうです。学校で将来の夢を作文に書けと言われ主人公のソラ夫はクラスメイトのミキに同じ質問をぶつけたところ『魔法使いになりたい』のだが口に出さず心の中にしまっておくことにした。しかし、モジャ公の兄妹であるモジャミに、その事を話すと、魔女の星なら女の子は魔法が使えるようになると聞きモジャミの弟も連れて魔女の星に出向くことに。しかし魔女の星は男子禁制、男が立ち入った事が分かれば『みんな化け物に変えられるつー話だっぺよっ』って話だったぺよっ。で、その化け物の対象がブタとゾウ。顔をブタにするだけでなく、体脂肪まで増やしているところがまた芸が細かいですね。他にも馬TFが有るんですがまたの機会にでも。肩こりが激しくて。魔法の神秘です

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
モジャ公モジャ公(モジャこう)は、藤子・F・不二雄の漫画作品及びそれを原作とするアニメ作品。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History License:GFDL
2007/02/17(土) 10:46 | このマンガが読みたい!
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。