アクセス解析 KeMONOM: (名指しは自粛しまして)リクエスト?の
KeMONOM
かずとら式・獣絵と私の作品(TF含む)とTF(動物変身)系作品紹介ブログです。 :【TF】=transform(変身)人間⇔動物 またはそれ以外の変身の要素すべてを含みます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(名指しは自粛しまして)リクエスト?の
2006年08月22日 (火) 21:53 | 編集
家庭用ロボットの底力

お久しぶりです、皆様。シーン切りをやりたいんですが、予想通り、コンペぶつかりました。時間がキツキツです、計画性のなさを悔やみます。
話は変わって、河童という妖怪の大半は見た目、可愛く描かれています、が、人の尻から尻小玉(魂?)を抜いてしまうそうな。案外凶暴で、ノスタルジアな生き物であるのが本来の姿、そんな姿に誰でも、頭に乗せるだけで変身できてしまえる、こちらドラえもん『カッパの皿』の紹介です。
スネ夫の従兄、スネキチにキャンプに連れて行ってもらった、のび太達
しかし、泳げない のび太はドラえもんに泳げるようになる道具をねだります。しかし、ドラえもんが出した道具は体がカッパそのものに変身してしまう『カッパの皿』という道具で、のび太は頭に皿を乗せられたとたんみるみるうちにカッパの姿に変わっていくのでした。
旧作ドラえもんの作品です。確かビデオが出てたかなあと不確かな情報を…、いかんですね、ちょっと色んな事で不安で、コンペ頑張るぞ!!
尚、使用されている画像に関する著作権は全て制作者側に帰属致します。今日はここまで。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はぅあーー
今日も真夜中の書き込みすいません。
題名見て、驚きました。というか、驚かされました。
リクエストと言ったって、こんな簡単に用意できるとは、
正直なところ、御見それしました。(汗)

ドラえもんTFのなかで、
あえて旧作後期の作品でTFしたものは、
そのほとんどがビデオ化されていないのも問題ですよね。

因みに前回挙げた(4)5作品のものも、
たしか、1つもビデオ化されていないはずでした。
ビデオ化されていない。=二度と見る機会が訪れない。
と言うのは肯定せざるを得ない事実ですよね。

この頃はビデオ録画すると言う考えにいたれず、
一回こっきりテレビ放映で見ただけなので、
こうして照会して頂けるブログがあることに感謝しています。

こうして見ると、
カッパのお皿の描写シーンは、意外とリアルですね。
もう一度この画像と出会えただけで幸せです。
有難うございます。

ではw
2006/08/23(水) 03:44 | URL | 快速急行 #XAjl2.RA[編集]
快速急行様へ
快速急行様、こんにちは
謝罪の意を込めて、実に私目の愚かなる手落ちでした。データ数の少ない文字を使ったもんで、文字化けしちゃったんですね。どうぞお許し下さい。

>新旧ビデオ化問題
そうなんですよね、実はビデオ化されていない作品が多いんですよね。でも最近はDVDだとか色んな形で残ってたりしますね。『頼み込む』のサイトでたしか全話DVD化の署名を集めてましたよ。

>録画という考え
そうですね、録画には数多くの苦難が待ちかまえていますよね。
『テープは標準で間に合うのか』
『まさか野球が延長だったり』
『予約時間がずれてしまったり』
だから録画するときは前後10分延長して録画してますよ。
>カッパのお皿(一皿100円)
そうですよね綺麗なモーフィングTFなんですよね。シンエイ動画恐るべしです。アニメではないんですが
実はコミックス以外のコロコロコミックのや小学館などの作品に数点TF系作品が収録されている模様です。
>さて
昨日心の底から伝えたかったこと、
それは、ご存じ『YOUTUBE』にはけっこうTF作品が存在するんですよ。
http://www.youtube.com/results?search_type=search_videos&search_query=%E5%93%86%E5%95%A6A%E5%A4%A2&search_sort=relevance&search_category=0&page=2
こいつを足がかりに中国のドラえもんを攻めに行ってみて下さいよ。
などなど、それでは、また(^^)
2006/08/23(水) 22:48 | URL | かずとら3 #KxabjN1k[編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/08/24(木) 03:07 | | #[編集]
ひどいや
 最近、ある人から、河童に似てるといわれました。 こののび太の河童変身を見てしまって、ちょっと気分が、悪くなってしまいました。 あののび太と一緒だなんていやだよって、思わずつぶやいてしまいました。 しかも僕、メガネかけてるし・・・・・・。
 しかし、あののび太と違って、成績は、良いんです。 この前のテストなんか、小説書いてばっかしだったのに、平均80台だったし。 (ちなみに、僕は、某有名進学校の2年坊主です。)
 自慢話は、ここまで。 手塚 治虫大先生の『メタモルフォーゼ』という話を、発見しました。 その中の作品『ウオビット』という作品では、狼男になったロックが出てきています。 
 えっ? ロックを知らないの。 手塚治虫大先生の『バンパイヤ』や『ブッキラによろしく』などに、よく出ていますよ。 よくサングラスをかけている黒髪の少年が、ロックこと間久部 禄郎ですよ。 覚えといて、損はないキャラです。
2006/08/27(日) 17:35 | URL | 杉わろす #-[編集]
杉わろす様へ
杉わろす様、こんにちは(^^)
>河童酷似事変
のび太そっくり、といって、そこで笑ってくるような奴は外見でしか物を見ることの出来ない心の醜い奴なんですよ、のび太の功績は数知れず。映画版に置いては数々の止めを指すに至ったり。さあ、胸を張って罵る奴らに止め(?)を。
>平均80台
凄くうらやましい点数を取っていらっしゃるみたいで、そのまま、ご健闘をお祈り致します。この先、何があっても悩まないで我が道を行くつもりで頑張って下さいね。
手塚先生のその話でしたら、以前読んだこと在りますよ。個人的にはW3なんかがおもしろかったかなと思いますよ。
ロック?54?失礼しました

それでは、また(^^)
2006/08/27(日) 22:37 | URL | かずとら3 #KxabjN1k[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。