アクセス解析 KeMONOM: 2006年04月
KeMONOM
かずとら式・獣絵と私の作品(TF含む)とTF(動物変身)系作品紹介ブログです。 :【TF】=transform(変身)人間⇔動物 またはそれ以外の変身の要素すべてを含みます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いわゆる石化と申します
2006年04月29日 (土) 23:31 | 編集
初めての石化

前回の更新は今回の伏線で無生物変身。いわゆる石化というやつですね。無生物系の代表格です。他に石化ですと各種RPGに限らずTVゲームで取り扱ってございますので。そちらもそちらで、コミュニティーが有ったりするので一度覗いてみてはいかがでしょうか?
では本題、バドバドとチワワンの石像を探すという課題が出されるのですが、当の本人達は何も知らされず一方的に石にされてしまいます。
第四話は、石にされたマスコットキャラを犬・猫にされた女の子キャラが探しに向かうそんなストーリーです。
ぜひ、ご覧下さい。
尚、紹介させて頂きました各分野資料の著作権等は全て各資料の著作者に帰属致しますのであしからず。
スポンサーサイト
そ~なんだ 第04話より
2006年04月28日 (金) 20:46 | 編集

この作品をご存じの方は、いつ出すんだろうかと、気を揉んだ事でしょう。ついでにあそこも(謎)今回はそ~なんだ 第04話『バドバドとチワワンをさがせ』より犬・猫変身です。いつものとおり、そのステージの学習要領が流れた後、全員揃って『そーなんだ』とつぶやきます。その反応に開始を宣言するかのごとく煙に包まれた女の子キャラ二人は犬と猫に強制変身!!ついで、それぞれ石化したバドバドとチワワンを探す事を強要されるのでした。その後の二匹は盛のついたオス犬やオス猫に
目も当てられないような姿に(一部誤り)犬の姿でぐしょぐしょにされ結末では…あくまで子供向け番組です(汗)
この作品、DVDが出ております。そのDVD、CS放送の通販などをご利用頂けますといとも簡単に手に入れることが可能です。公式HPも御座いますのでぜひご覧下さい。そ~なんだ?
犬と猫01

おねがいマイメロディ 第22話より
2006年04月26日 (水) 23:24 | 編集
無生物系のTFをとも思ったのですが消化不良になるのも嫌なんでこちらの作品を先に紹介させて頂きます。おねがいマイメロディより、植物変身のお話、何時出そうか迷ってたんですよ。動物主体でやってきておいていきなり植物出したら何人が退くだろう、そんなことしたら巨大掲示板でたちまち血祭りに…戯れ言は終わったので紹介に入ります。いつものように音符集めに専念するクロミたちは病弱な母を親に持つ少女に出会います、少女には母が元気になって欲しいという胸いっぱいの願いが有ります。と同時にお花が好きでした。そこでクロミは『その夢叶えてやるよ』と、いつもの調子で。少女を巨大なチューリップの化け物の姿に変えてしまうのでした。モンスターになった少女は街の人々を次々と花の姿へと変えていきます。真菜は何故か竹にされたため後のストーリーで心の傷?として多く語られてます。その語の展開一部始終につきましては、DVDをお買いもとめ頂くか、レンタルでどうぞ、なお公式HPはこちらです。
http://www.tv-osaka.co.jp/mymelo/
きっとTF科のスタッフ様が沢山絡んでらっしゃる事だと推察いたします
なお使用させて頂きました画像などの権利等は全て制作者側に帰属致します。今日はここまで。おねがいマイメロディ 第22話より

炎のゴブレットより
2006年04月25日 (火) 23:37 | 編集
動物化魔法は禁止だそうです

ハリー・ポッター 炎のゴブレットよりフェレット変身のお話です。
ハリーが身に覚えの無い事で学校中を敵に回すことに、それが原因で先生も出てきてライバルの男の子がフェレットの姿に変えられてしまう。
そんなお話、でも変身魔法での体罰は禁じられているそうで、他の先生が駆けつけ元の姿に戻しました。そういうシークエンスでした、変身を分類するとしたら何になるんでしょうか?一応モーフィングみたいですがスクリューしてますし(汗)でも実写で寸法の格差を巧いこと埋めたなと思います。この場合、煙でボンとやるのが普通なので、少々感動を覚えました。あと人間を動物に変える魔法は禁止なんだそうです(滝汗)個人的に胸が痛むお言葉でした。今日はここまで。
お許しを(修正版)
2006年04月24日 (月) 23:00 | 編集
たびたび話題に上りますね
地獄先生ぬ~べ~ 第24巻より『兵隊さんのうた』です。
今日は久しぶりに友達と長話してしまって編集する時間がなくって
、私目あまり無理すると冗談抜きに倒れるもんで、昨日は軽く手を抜かせて頂きました申し訳御座いませんでした。では、本編集と参ります。
この話は、漫画家さんが読者からのとうこうを頼りに作られたお話だそうです。なんでも、『寝る前に、水と食べ物を置いておくといつの間にか減っていて一週間続けなければいけない』話で、それを途中でやめると動物の姿にされてしまうんだそうな、というお話です。それを実際にやっていた最中、蹴飛ばして水をこぼしてしまったため呪われ犬の姿にされることに。しかしこれは夢で助かったのですが、起きてみると次第に体に犬変身の兆候が見られ、ぬ~べ~に相談することに…。
正直な話、テレビで放送してたらモーフィング作品ですしと期待して追ったんですが、その作品はアニメ化は有りませんでした残念。
今日はここまで。
おかしなおかしな訪問者より
2006年04月23日 (日) 23:55 | 編集

ブタ科TFを専門に集めてらっしゃいます ぽ~る様より紹介頂いた作品『おかしなおかしな訪問者』よりチョイネタのシーンチェンジのTFシーンを紹介させて頂きます。まさかこんな隠し球があったとは!!普段アニメ以外は点で無頓着、スポーツにおいてはほとんど目もくれないという徹底ぶりの私目。映画!?しらんな、といった具合なんですが、今回は ぽ~る様のおかげで良いシーンに巡り会うことが出来ました。末永く披露したいと思います。まずチョイネタと言うからには正確には変身ではないんです、しかし明らかに変身したように見えます。毒を飲まされ錯乱して人間がブタやネズミに見えてしまい、ついには追ってくる領主の姿も熊に見えてしまったそれで、その熊に向かって銛を放つのですが…。あとはご自分の目で、お確かめ下さい。このお話2作目も有ります、けどまだチェック入れてないです。気になられた方はビデオ屋へ。ぽ~る様ありがとうございました、今日はここまで。ありがとうございました

赤ずきんチャチャ 第38話より
2006年04月22日 (土) 23:14 | 編集
チャチャ動物変身の話より

赤ずきん被って大魔王を抹殺行脚、いま行脚(あんぎゃ)って単語をとかく使いたいかずとら3です。はまり言葉でしてあと少し続けたいなと思っております。そんな野望を抱きつつも今日の更新。
冒頭で述べました通り
赤ずきんチャチャより動物変身のお話です。チャチャたち一行が
敵の罠にはまって動物の姿に変えられ、大魔王様のための満漢全席
の食材にされかかるというストーリーです。ストーリーは面白いです。
TF仕様はシーンチェンジと途中乱入してきたヤッコちゃんのイノシシ変身用に用意されたスモークTF。元に戻る薬を持っているヤッコちゃんはイノシシにされても冷静なのですが、薬を奪われ みんな同様、弄ばれるはめに。実際にこんな状態に陥ったらと考えてしまう作品…ではないですが、DVDやビデオで是非ご確認を。原作とは違った味が楽しめます。今日はここまで。
猫の国だってさ
2006年04月22日 (土) 00:05 | 編集
とつぜん猫の国より

『バニパルウィット とつぜん猫の国』という作品をご存じでしょうか
なんでも、その国の太陽を浴びると人間はみんな猫になってしまうそうな。そんな、おっとろしい国が有るそうなっていうお話です。
簡単に説明しすぎましたのでもう少しお話を。このお話は気の弱い少年『とりやす』が犬の『パパドール』を取り戻すためヴァニパルウィットという猫だけの国を妹と共に必殺行脚、出会った輩を情け容赦なく切り捨てていく冒険活劇(一部誤り)モーフィング?で締めたさっぱりとした仕上がりとピーターパンのスタッフが送る作品。ですので、ご覧頂きたく存じ上げます、中古ビデオ屋、レンタルビデオショップ、最終手段はネット販売をご利用下さい。苦情および、面倒ごとは、勘弁よ~。
今日はここまで。
苦労を知るゲームです
2006年04月20日 (木) 22:56 | 編集
ホントは動物化だよ

生まれてこのかた格闘ゲームが大好きで、そのゲームのシステムより背景のストーリーが大好きでたまりません。中でもSNKの出すゲームのキャラは作りがしっかりしていたのでお気に入りでして…。世迷い言はこれぐらいにしまして本題に参りましょう。CAPCOM vs SNK CHAOSの総当たり戦を勝ち抜くと隠しキャラであるアテナとレッドアリーマーが使用可能になります。背景のストーリーとして、天界の存在を下界の者に知られてはいけないという厳しい掟なのか、最後にアテナがプレイヤーキャラを始末しにやってきます。負けたら動物の姿にされ天界で暮らすことに(汗)キャラはそれぞれ違った動物ないしモンスターに変身します(レッドアリーマーの場合)。『他のは紹介しないんですか?』なんてシビアな質問にお答え致しますと、一個切るのに結構な愛が詰まっていることを忘れないで頂きたく存じ上げます。今日はここまで。
アラビアンナイト番外編
2006年04月19日 (水) 22:29 | 編集
アリババと40人の盗賊より

100円で色んな物が買えるようになった今、とうとうTFシークエンスまで安価で売りに出されるようなったとは感動的ではないですか、そんなTF系のお話とはつゆ知らず、アリババの話が気になって買ってみた㈱ダイソーさん発の300円DVD(100円じゃなぃ!!)『アリババと40人の盗賊』より猫変身を。ワンコインでおつりが来る手軽さ…手軽?真意は皆様各自でお確かめ願いたく存じ上げます。
で、本題。アラジンに内容もそっくりです。魔法が使える不思議な精を味方に行脚、結果幸せな家庭を築いて平和に暮らすアラビアンナイトの番外編。この味方にした精が色々出来る敏腕魔法使い。頭の回転は速くやることは何故か姑息。最後は頼んでもないのに悪代官を猫の姿に変える始末。軽い違和感を覚えた所で最寄りの『100円ショップダイソー』へ315円握りしめて参りましょう。やることなすことキタねぇDVDはあなたを待っています。今日はここまで。
そ~なんだ~(投げやり)
2006年04月18日 (火) 22:44 | 編集
そーなんだ 鳥変身披露 その2

情報科学アニメ『そ~なんだ』の名場面(謎)もしも世界が魔法の方向に発達していたならば、TFを利用した学習方法も有ったことでしょう、そんな亜空間の世界でのサディスティックな争いを描いた少年少女の名場面、とくとご覧下さい。課題とは言え問答無用に鳥の姿に変えられ課題が終わるまでの鳥の姿(前も書いたような文)
何度見てもいやらしい(違)次は犬で?ぬふふふ…
尚、画像の著作権は制作者側に帰属します
今日はここまで。
そーなんだ 鳥変身披露 その3

そーなんだ 第14話 より
2006年04月17日 (月) 22:34 | 編集
そーなんだ 鳥変身披露 その1

変身ものが意外と多いアニメ『そーなんだ!』、その変身表現はフラッシュやスモークバーストでの処理が大半です、が、変身後のキャラクターの扱いが巧い作品だと思いました。あくまで元は人間だということで、鳥の体に慣れていなかったり、鳥になったから夜は目がよく見えないから飛べないとか、人のプライドがあったり無かったり色々で、ミッションに挑戦する羽目に。終わりまで鳥の姿のままで苦悩する姿。
通販で販売してたり、中古ビデオや色んな形で販売もしてます。
GYAOでも放送してたりするんで、あなたの人生に一度はお目にかけて頂きたく存じ上げます。
まんが日本昔話『八つ化け頭巾』より 続き
2006年04月16日 (日) 22:53 | 編集
まんが日本昔話『八つ化け頭巾』より

私目に性格が良く似た和尚の話、まんが日本昔話『八つ化け頭巾』。『このブログつけてる奴がどんな奴か』って?こういう感じの人ですよ。
和尚は狐が頭巾を被って女性に変身する所を目撃してしまいました。
そこで、和尚は頭巾が欲しくなります。和尚は狐を待ち伏せし、「お前さんの変身はまだまだじゃ、自分は狐から寺の住職に化けているがちっとも狐だったなんてわからんじゃろう?」とウソをつきます。それを鵜呑みにしてしまった変身狐は、和尚にどうすればもっと変身が巧くなるのかを訪ね、和尚の被っている頭巾が何にでも変身できる『八つ化け頭巾』だとまたまたウソを。狐は手ぬぐいを交換して欲しいとせがみ和尚の計画にまんまと填ってしまいます。頭巾を手に入れた和尚は早速色んな物に化けては人を驚かすのです。一方、狐は頭巾が偽物とも知らずに
人間に化けたつもりで二本足で街の中を歩いていくのでした。
通販でビデオやDVDがでてますのでどうぞ。狐が結構可愛いのと、和尚のやってることがナイスですよ。見付けたら是非。今日はここまで。
何度も見てしまうこの最後
2006年04月15日 (土) 22:47 | 編集
ラムネ&40炎 OPより
そこまでハッピーエンドではなかったですが、考えさせられる感じ?のこの作品、アニメ版『ラムネ&40炎』のオープニングより動物化のシーンです。実際ご覧になる時は目をこらしてご覧下さい。初歩的な技術ですが変身をしっかり表現している所にスタッフの知恵と企みが伺えるでは有りませぬか?ガオガオゾーンの3人のバックグラウンドストーリーがもう少しTF系の作りだったら、あと1クールは続くように署名を集めていたでしょうに、残念です。
『最近紹介するTFが狡いぞ』って?
なんぞの企みが伺えるではありませぬか?知恵は有りませんが
今日はここまで。
主婦の悩みも解決するさ
2006年04月14日 (金) 23:28 | 編集
チョイネタは楽で良いねぇ
疲れてるときや、これから面倒なこと処理しようと頭んなかで筋道立ててる時は、更新が適当になっていることでしょう、こんな感じで。所要時間1分。一週間を一度に炊いたチャーハンで乗り切るような手軽さでやってみました。ハイスクール奇面組 よりチョイネタです。タイトルは忘れてしまいました、他にも豪君のアザラシ変身とかあったはずです。一緒に虫にも変身してました。ケーブルTVだと良く再放送してますんで、興味がございます方は是非、ご覧頂ければと思います。ちょっと文章が投げやりですね、でも手軽に今日はここまで。
戻って参りました
2006年04月13日 (木) 23:43 | 編集
してやったりなお話ですよ

複合機さんが、戻ってきてくれました。これで原画の取り込みが出来ますよ。私目アナログな人ですから、何事も手のぬくもり、人のぬくもりを大切に、末永く人々を動物の姿にして苦しめるを目標に頑張って参りたいと思います。TFを文化に。KeMONOM
どこぞの組合のCM調に始めてみました、では参ります、今日の脳みそ活動時間があとわずかなので本日は少しだけ紹介。ギザギザハートの子守歌の歌詞でも歌いきることの出来るあの歌で有名なアニメ『まんが日本昔話』より変身物のお話、冒頭部分。悪戯好きな和尚がおったそうな。その和尚がある日の供養の帰りに雑木林を覗いてみると狐が頭巾を片手に踊っていた。しばらくそれを眺めていると狐はべっぴんさんに早変わり。それを見たイタズラ好きな和尚はすぐさま狐に声をかけ頭巾を
奪い色々なイタズラを画策します、続きはまた近いうちに、お楽しみに。
侍ショウダウン2
2006年04月12日 (水) 23:59 | 編集
犬が強くなったって評判ですよ

真侍魂より、犬がどうのこうの、言って一時は暴力沙汰にまで発展しそうになったので(なってないです;)。犬がたまらんっていう方のタメに、アップさせて頂きます。TFシークエンスの一部始終、ご覧下さい。モーフィングだと更に追加得点で株も買ってた事でしょう。でも新日本企画の成せる技ですね。S(新)N(日本)K(企画)。今は、合併して社名が違いますが、応援してますよ~。今日はここまで、
アイル ビー バック???
2006年04月11日 (火) 23:18 | 編集
まさか液体金属!?

こんにちは、かずとら3です。仮面ライダーで有名な巨匠 石ノ森章太郎先生の作品009より、鳥変身から元に戻るロジックです、ネズミ変身のシークエンスもどっかに保存してあったんですけどまたの機会にでも。このキャラクター『007』は変身能力にたけ、『鳥から魚など瞬時にあらゆる物に変身でき、スパイ活動を専門に行うメンバー』というのが設定。さながら、毎タイトル毎に違う女性と良い事するあの有名な人にヒントを得た香りがしてならないです。しかしそこは上からの圧力で何とかしたのでしょう、私目も権力に怯え何も言えません。
コマも余すことなく綺麗にモーフィングで処理してますので見かけたらぜひご覧になることを、作品としても面白いですよ、って友達が言ってました。他の作品が入ったらまたの機会にでも、もう時間が、でも今月はかろうじて、毎日頑張ってる。
あえて、このキャラで参りますよ
2006年04月10日 (月) 22:34 | 編集
あえて、このキャラで


うる星ヤツらを沢山紹介させて頂きましてありがとう御座いました、おかげで楽できました(←オィ)今回は、100メガでショック受けていたあのころ、この作品のこのシーン、初めて見たときはホントにショックでした。あえてこのキャラで紹介させて頂きます。『侍魂剣客指南パック』より羅将神ミヅキの通常必殺技『我身変裂魂』でブタの姿に変えられるカットです。この必殺技の凄い所は、キャラによってそれぞれ特徴付けてブタにされる手の込んだ演出、且つキャラによってはブタ免除。つまりイメージ重視の罪深い失礼な技なのです!!前、同じの見ましたw、なんて言う方へ『PS版は全然、違います』なんてったって、黒子とミズキ姉が対戦で使えるうえ、我身変烈魂が一度決まれば勝負は決まったも同然。ブタになった相手は一定時間ブタのまま何も出来ないので、それをさらにブタに出来るというなんともノスタルジアで、またブタに…そういうPS版はそういうゲームなのです。中古でもなかなか値段が下がらず品薄な強者です。ネット販売がお勧めですよ。近場にあるならば、即買いですよ。是非
是非見て欲しいから
2006年04月09日 (日) 22:51 | 編集
オオカミ変身カウントダウン01

出来たら全部見て欲しいという思い出全部切っておきます。是非ともDVD買うなり借りるなりしてご覧下さい。変身後の二人の心境の違いなんかも結構面白いですから。さすが、るーみっくワールド、といったところですね。このころのメイキングを見て感動的なのはセル画で一枚一枚やってたスタッフさんの努力(TT)泣けます。今日はここまで。
カウント01

シンデレラボーイってモンキーパンチの話が…
2006年04月08日 (土) 23:26 | 編集
綺麗なモーフィングでした

昨日の続きになります、OVAのうる星ヤツら『月に吠える』より狼変身で、アタルが完全に狼になってしまうシーンです。ガールハントにかまけて薬を飲むことを拒んだアタル。しかし人間に戻れる時間はあとわずかです。わずかな時間とは知らず野良犬を使ってラムを騙し、もう狼になってしまったかのようにみせかけるドッキリをけしかけます。ラムはそれを本物のアタルだと思いこみ、つれて帰ることに。ラムの鈍さに怒ったアタルは怒鳴ろうとしますが、人間の声が出ません、それどころか体がみるみるうちに狼の姿に変わっていってしまうのでした…
 続きはビデオ屋さんでご確認を。なぜなら、今月は時間がないのです、何となくシンデレラの気分が分かる今日この頃。今日はここまで。
 
こんな団子があったらね
2006年04月07日 (金) 23:57 | 編集
うる星やつら OVA 『月に吠える』より

昨日の記憶が一部飛んでいる かずとら3です。昨日の記事の続き…は、またにしたい今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?
今回、作品紹介紹介させて頂きますのは、以前 Zuilang様に教えて頂いた うる星やつら OVA 『月に吠える』。うる星やつら自体、全作足すと簡単に200話を超える大作の中で流石だなと涙を誘う作品です。少しTG・TF色が強い作家さんだなと共感を得ながら参りましょう、
 ラムはレイ達カップルがお花見している所を目にし、お団子を頬張るレイを見て、アタルにも団子を作ってやろうと思い立ちます。
しかしラムの作った団子を地球人が食べると狼男に変身してしまい
一日たつと完全な狼になってしまう得点付き。時間がたつにつれて姿も行動も段々狼になっていくアタル。次の日、とうとう学校で温泉マークと共に狼男の姿になってしまうのでした。
TF科の方で、この作品をご覧になってないなら、ショップへ今すぐお急ぎ下さい。後四分で今日が終わってしまう。今月は全日更新したいんじゃ。今日はここまで。
コミックスより
2006年04月06日 (木) 23:41 | 編集
大長編ドラえもんコミックス『のび太の魔界大冒険』より猫変身を紹介します。この作品は映画版を是非ご覧いただきたいです。敵が悪魔だけに色々手口が容赦ないです。口で説明するのも面倒なぐらい。石化大好きな方にも是非お勧め。この作品にも石化が出てきます。ですがうちは変身が主体ですので。詳しい解説はまた今度にでも。春だからですね。今日はなんだか眠いです。なお、著作権諸々は制作者側に帰属致しますのであしからず。今日はここまで、次回は詳しく
猫変身簡易版

そんなわけねぇだろうが?
2006年04月05日 (水) 22:12 | 編集
おもいっきり科学アドベンチャー そーなんだ! 第08話 「野ウサギを救え!」より

私目、ただいまチョイネタが熱いっ!!ほんの数秒の、もしくは一瞬かもしれません、でもその一瞬に込めたスタッフの思いが熱い。故、チョイネタをご堪能下さい。では
今回は、子供の学力低下を危惧してどこぞの機関が作らせたのでしょうか?科学アニメ『おもいっきり科学アドベンチャー そーなんだ!第08話』よりウサギ変身、と狐やらタヌキ、でもウサギでくくりたい。
概要はですね、いつもの通り無理難題を解決していく両チーム。今回は『野ウサギを救え!!』という至って簡単そうな課題だった。そこで
ブルーチームはまず野ウサギの好物の人参のを畑から拝借しておびき寄せる事にしたのですが、盗んでいるところがばれて畑の持ち主に追われる羽目に。それを『まるで自分たちが肉食動物に追われているみたいだ』と表現した一幕がこちらです。タイプはシーンチェンジですがキャラがはまり役、良い感じです。この作品は、あと犬変身と渡り鳥変身がありますよ。DVDも出ております。この作品とは関係ないですが、遊戯王DMGXでリバースですがモーフィングでのTFがありました。第79話です。次回に続く
復刻は何時だろう?
2006年04月04日 (火) 23:18 | 編集
パーマン 第1話より

新旧併せると500話を簡単に超えてしまうこの番組『パーマン』
当時、アニメといえば必ずと言っていいほど不二子・FかA・不二夫
原作で絡んでいらものです。しかも動物変身物多数。その中でもパーマンは、旧作の仕様『正体がばれたらクルクルパーにする』という設定が放送コードにひっかっかったという事で設定を変更し『正体がばれたら動物にされてしまう』という設定になったというのが有力な説と聞き及んでおります。違ったらごめんなさい。
で、今回はチョイネタで、実際に変身するわけではなくて動物にされてしまったところを妄想するわけですよ。実際の話では、犬にされた話(長い夢の中で)や、ブタにされるシーン(イメージ)や、漫画版では街中が動物な話とか大変。そのうちDVDが出るのではと思っております、きっと。それにしても、今日の解説は下手くそですね(汗)次回へ続く
ブッヒッヒッヒッヒッヒッ!!
2006年04月03日 (月) 23:44 | 編集
このブタ野郎!!

このネタは、今日でやっと締めですね。『ゾウのババール:魔女の国』の最終節になります、実際の放送の時も、10分の枠にOPとEDを入れて毎回細かく切って放送なさっていたという不思議な疑問はこの際自分の解釈に任せて。参ります、とうとう日没まで時間がないババール一行、図書館の中の魔法の本を手当たり次第読んでは呪文を見付け出そうとします。でもなかなか思うようにいきません。そこでルルの先生が言った『雨上がりの太陽が教えてくれる』という言葉を思い出し、ついに、その魔法の記された呪文書を見つけ出しました。急いで、呪文を唱えます。でも元に戻りません。『心を込めて呪文を唱えるときっとかなう』と言われたルルは今度は心得お込めて呪文を唱えポムは元の姿に戻るのでしたそして、この作品カット中、私目の頭の中では『部屋の中でブタを飼っているようだな?』という 世紀末の格闘家のセリフが回っていたのは、言うまでもないでしょう。
異議有り!!
2006年04月02日 (日) 23:41 | 編集
なんでDVDなんて買ってまで紹介したのかという疑惑がついて回る今回の作品『ゾウのババール:魔女の国』ですが、検察側の問いかけの対して弁護側は「TFを文化にしたいから、仕方ないだろっ!!」と強く反発の色を示し、収集のがつきそうにないので「さっさと内容を説明しろ」と終始、管理人を責め立てるのでした。
今回の作品:魔女の国の初めのブタ変身は序の口でして、このブタ変身は質・性格ともに、残酷で是非とも本物を目の当たりにしていただく存じ上げます。初めのシーンチェンジTFは我々を油断させるダミーです。その後、ブタともゾウともつかない姿で苦しむ『ポム』の姿と徐々に本物のブタにされていく時の鼻の縮方。最後完全に鼻がブタサイズになるまで縮んだあと無きじゃくるポム。〆はブラインドモーフィングによるブタからゾウへのTFです。
一見の価値ありですので見付けられました方、是非、ご購入の手続きを
魔女になりたいあなたも、是非。今日はここまで
とうとうブタのポム

徐々に豚化
2006年04月01日 (土) 21:37 | 編集
やっぱりブタのポム

掲示板を準備している最中なのですが、私目の苦手項目にHTML言語系統が。あんまり好きじゃないんですよ。かといってレンタルにしたら裏切られた経験があるもんでその辺怖いんです。という弱音を吐いたところで参りましょう昨日の作品の本編です。『ゾウのババール』より魔女の国。
玉座に座っている事に飽きたババールは家族を連れて全国行脚することに。娘、息子、妻、サル達の失態も優しいババールは目をつむりながら今日も旅を続けます。そんな中、一行は魔女の国に迷い込んでしまいます。魔女ばかりの国で行き先に迷ってしまったババール一行は、見習い魔女のルルに出会い魔法を見せてやると言われます。喜んでいたのは束の間、失敗ばかりするルルに一行は切れ鉄拳制裁っ…はしませんが、ヤジを飛ばします、その時ポムが『フゴッ!!』とブタのような鳴き声で泣くのでした、それに目を付けたルルは呪文を唱えポムをブタにしてしまうのでした。その魔法は一日たつと解けなくなる魔法でかけた本人にしか解けないと言う、なんともノスタルジア。次回に続く
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。