アクセス解析 KeMONOM: Mix・Many(複合型・複数型)
KeMONOM
かずとら式・獣絵と私の作品(TF含む)とTF(動物変身)系作品紹介ブログです。 :【TF】=transform(変身)人間⇔動物 またはそれ以外の変身の要素すべてを含みます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ナエトル
2006年12月18日 (月) 20:31 | 編集
そう、タイトルで言ったように、今、ちょっと萎えてるんです。
更新すると、したでした色んな葛藤が湧いてきて。
何がって?DSとかWIIが売ってないから。欲しくなかったっていったら嘘になります。無茶苦茶欲しいです。Wiiを手に入れた友に聞きましたところ。今回、ゼルダのニワトリを何回も斬りつけているとニワトリにされてしまうそうな。くそっ、と思った瞬間でした。
そんな後悔を胸に、錬金3級 まじかる?ぽか~ん 第02話 「月の呪文は血の系譜/まやかしの呪文はTVショッピング」より、人狼化と猫化。
悔しさのあまり内容を紹介する気にはなれません。今日はここまでにさせてください、なお著作権等は制作者側にすべて帰属致しますのであしからず。今日はここまで。
3

スポンサーサイト
気にはなっているんですよ
2006年12月02日 (土) 21:50 | 編集
WiiもPS3も、とうとう発売されてしまいましたね。実は、どちらも買ってません。もっと付随する事を言うとDSもPSPも。大いに時代に乗り遅れておる、かずとら3です。時代が変わっても良い作品は変わることなく語り継がれますように、というわけで、今回はピンクパンサーより『楽園の王者』より複合化の話です。ピンクパンサーにおいてはTFが多いです。トムとジェリーに見られるタイプのTFも含めて多数登場します。今回は太った黄色のインコが出てきて宝を探すお話で、その都度、象の足にされたりインフレーションなんかで邪魔されるんだけど、とうとう宝を発見。でも中身は只のビスケットで怒ったジャングルマンとピンクパンサーは太ったインコの鼻を豚の鼻にしてやったんだってさ。DVDが単巻でもBOXでも販売されています。なお、著作権等権利は制作者団体に帰属致しますのであしからず。pink_pig_01.jpg

よく知らないから
2006年08月27日 (日) 21:27 | 編集
ロリ・ポップ?
アニメに精通しているわけでは御座いませぬ かずとら3ですが
TF波には兎角敏感なようです。
少女漫画を原作にしたアニメには変身をテーマにした作品が多くあると
思います。フルーツバスケットしかり、探せばまだまだ出てきそうです
、でも今日はそんな中、TF?なのでしょうか『まもって!ロリポップ』より動物化のお話です。でも、この話今日初めてみたので うまく
飲み込めてません。どうやら嫉妬したアラビア風の魔法使える女の子が
段々動物になる魔法をかけて苦しめる~、ような事を申しておりましたが??詳しくはまたしっかり調べてまいりますので。
コンペがんばれ~>自分
ドイツ語の発音で
2006年07月17日 (月) 23:03 | 編集
ま~

皆様は、どのようなTFをご所望なのでしょうか、と思いましてふっ、と筆を止めてしまいました。今、コンペ前なので、ちょっと忙しいだけです。筆と申しましても、筆ペンではなく絵筆のことでして。そんななか新しめの話も、しませんと。『メルヘヴン 第67話 ロコと呪いの新アーム』より。ギンタとジャックの動物化のお話。
敵チーム・チェスのコマのメンバー・ロコが手に入れた『アニマルチェーン』でジャックは猿、ギンタはウサギの姿に変えられてしまいます。
TF仕様はシーンチェンジですが、これが第名と割合と放送時間との釣り合いに疑問を抱かざるを得ないのが私目の感想です。
興味がある方はDVDなんぞご購入の上ご確認下さい。
わくわくが止まらないので、今日はここまで。
喰らえ、必殺っ!!
2006年06月08日 (木) 23:17 | 編集
ウルフズアイブロウ
またまたまた愛企画制作によります『まんが日本昔話』より
民話伝承に基づく変身のお話です『狼のまゆ毛』
TF分類で無理に割り振りますと『狼のまゆ毛』という話の正確な位置づけは変身ではなありません。まるでドラえもんの道具のようなもので
その眉毛越しに人間を見た時、その人間の本性が垣間見えるというものです。話に触れますと、喰うにも困ってしまった村のお百姓さんが生きる希望を捨ていっそ狼にでも食べられて死のうと思い立つのでした。
そこに一匹の狼が現れ、怯える百姓に自分の眉毛を一本渡すのでした。
『それを目に当てて人間を見てみると良い』と言われ早速、村に戻って
言うとおりにしてみました。すると村人の姿が動物に見えるでは有りませんか。驚いて観察していると長者さんがやってきて、今度はお百姓さんを見てやろうと言い出します。しかしお百姓さんだけは人間の姿のまま変わりません。長者さんは『これは仏の遣いに違いない』と確信しお百姓さんをその後大切にするのでした。というお話です。ひょっとしたら、お宅の飼い犬の目に飼い主さんは、こんな風に映っているのかもしれませんね。尚、著作権等は制作者側に帰属致しますのであしからず。今日はここまで。
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。